スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフオクへ大量出品!

現在 ヤフオクにてレアな在庫アイテム大量出品中です。買い逃していた気になるアイテムを逃さないようにチェック イット アップ!

新サイト仮・始動

http://roppin.jimdo.com
こちらです!スマホからでも簡単な切り替えでPC版での閲覧が可能です。今後ゆるりとこちらへサイトを移行していきたいと思います。
新サイトでは完全なブログ形式の軽いタッチで更新してく風ですから、ガッツリとアイテムをご覧になりたい方には引き続き現行のサイトから閲覧下さいね。
よろしくお願いいたします。

Facebook内に専用ページ開設

この度新たにFacebook内に専用ページを開設いたしました。良かったらこちらのほうもよろしくお願いいたします。更新はこちらのほうがスムーズかも!
https://m.facebook.com/roppinizm.come.on

サイトリニューアル情報

現在 携帯端末での閲覧に特化したサイトがつくれないものかと模索中です。近頃は私自身もPCを触る機会が激減しましたもんね…この記事もiPhoneからの投稿ですし…。お分けしたいアイテムや紹介したいアイテム、まだまだあるんですよ。稼働まで今しばらくこのサイトでお付き合いください。
また、この記事を投稿したことによりショップも閲覧可能になる…はず。

Red Hot Chili Peppers - 最新音源 『2011 LIVE EP』 無料DL配布!

Red Hot Chili Peppers から太っ腹な無料ライブ音源配信のニュースが届きました! 『2011 LIVE EP』。結果からいうと臨場感有り有りの良質なライブ音源。まるでクラブで演奏しているかのようなメンバー間の近さを感じることのできる録音となっています。この無料企画、いつまで公開されるのか分からないだけに早い者勝ちと言っておきましょう!ただし要アカウント取得。最後にDLの方法を記しておきます。

Red Hot Chili Peppers_Live EP 2011_Cover

昨年リリースされた最新アルバム 『I'm With You』 を携えて北米ツアーをスタートさせた Red Hot Chili Peppers。この度、そのツアー記念として昨年11月に開催したヨーロッパツアーでレコーディングされた音源から5曲をセレクトしたライブEP 『2011 LIVE EP』 を特設サイト livechilipeppers.com でフリーダウンロード公開。この作品には、昨年11月14日のマンチェスター公演の「If You Have To Ask」と、同15日に同会場で披露された「Monarchy Of Roses」、同19日のバーミンガム公演での「Look Around」「Dani California」、12月11日ミラノ公演の「Give It Away」の音源を収録。ドラムスの Chad Smith がツアーのなかから厳選したとのことで『I'm With You』の収録曲や 『Blood Sugar Sex Magik』 からも選出されている。
当サイトは昨年ヨーロッパツアーの開催の際にライブ・レコーディングした音源を公演の終了後すぐに配信販売するという企画の為に開設されたもの、1公演あたりMP3形式が$9.95、FLAC形式が$12.95、ALAC形式が$12.95でそれぞれ販売中。なお3月末からスタートしたUSツアーでのライブ音源の販売も今後予定とのこと。

"2011 LIVE EP" Track Details:
01. Look Around (2011,11,19 Birmingham, UK)
02. Dani California (2011,11,19 Birmingham, UK)
03. Monarchy Of Roses (2011,11,15 Manchester, UK)
04. If You Have To Ask (2011,11,14 Manchester, UK)
05. Give It Away (2011,12-,11 Milan, ITA)

下記リンクより "livechilipeppers.com" へ。"DOWNLOAD MP3" をクリック。"Check Out" クリック。そこでアカウント取得のための "Email" "Password" を入力。"Place Order" をクリック。"Download All" クリック。新規ウインドウが立ち上がり "START DOWNLOAD" にてDL開始します。

ダウンロード・リンク >> livechilipeppers.com

Metallica ファン・クラブ・マガジン 『So What!』 30周年記念イベント特集号リリース!

メタリカがファン・クラブ・マガジン『So What!』の30周年記念イベント特集号を一般流通でも販売に。限定7インチ盤付!のニュースが舞い込んできました。これは欲しい?!

Metallica_So What_Photo

メタリカ(Metallica)が自身のファン・クラブ向けに発行しているマガジン『So What!』の特別号を一般流通でも販売すると発表。
特別号は、バンドが2011年12月にサンフランシスコで行った30周年記念イベントの模様を特集したもの。初出のライヴ写真に加え、メンバー全員はもちろん、デイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)やロブ・ハルフォード(Rob Halford)らへのインタビューも掲載。また、このイベントで披露された「So What」「Through The Never」の音源を収めた限定7インチ・シングルも付属される予定です。
発売は海外にて5月14日。128ページのフルー・カラー仕様。

ニュース・ソース >> amass.jp

MelvinsのニューEP 『The Bulls & The Bees』 がフリーダウンロード公開

このE.P、早速私もDLして聴いています!皆様も是非♪意外にハードロックですよ。

Melvins_The Bulls & The Bees_Cover

1983年のバンド結成以来30年近くにわたって一線で活動し続けるロックバンドMelvinsが、トヨタがアメリカで展開するブランドScionの運営サイト『Scion A/V』の企画として5曲入りのニューEP『The Bulls & The Bees』をフリーダウンロード公開しました。
下記リンク掲載のウィジェットからメールアドレスを登録し、返送されてくるメール内のダウンロードリンクからEPのダウンロードが可能です。
EPからはオープニングトラック"The War on Wisdom"のPVも公開中です。

なおMelvinsのフロントマンのBuzz OsborneとDale CroverはMr.bungleの元メンバーであるベーシストTrevor DunnとのトリオMelvins Lite名義でもデビューアルバムとなる『Freak Puke』を6月5日にIpecac Recordingsからリリース予定です。

Melvins - The Bulls & The Bees
Tracklist:
01.The Melvins - The War on Wisdom
02.The Melvins - We Are Doomed
03.The Melvins - Friends Before Larry
04.The Melvins - A Really Long Wait
05.National Hamster

ソース >> private dub

アークティック・モンキーズがライヴ音源を無料DL配信中

Arctic Monkeys_Logo

アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)が、ザ・ブラック・キーズ(The Black Keys)との北米ツアー開催を記念し、ライヴ音源を無料DL配信中。配信されているのは2011年5月26日デトロイト公演から「Library Pictures」。

音源・リンク >> Download
ソース・リンク >> amass

ランディ・ローズのラスト・ライヴ・レコーディングとされる音源

RANDY RHOADS Last Recorded Show

ランディ・ローズ(Randy Rhoads)のラスト・ライヴ・レコーディングとされる音源がYouTubeに。音源を公開したメタルサイトTMDによれば、この音源は1982年2月23日にテキサス・エルパソで行われたオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)のライヴのもの。曲は「Over The Mountain」。なお、ランディは同年3月19日に飛行機墜落事故で亡くなっています。

音源・リンク >> OZZY - Live '82 "Over The Mountain" ENHANCED (Last Recorded Show of RANDY RHOADS)
ソース・リンク >> amass

続報/スラッシュ、セカンド・ソロ 『Apocalyptic Love』 5月にリリース・ツアー開始!

Slash_Skull-Illustration

元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは2010年のファースト・ソロ『スラッシュ』以来となるセカンド『Apocalyptic Love』を5月21日にリリースすることを明らかにしている。
新作には前作でもヴォーカルとして“バック・フロム・キャリ”“スターライト”の2曲で客演したオルター・ブリッジのマイルス・ケネディが参加していて今回は全トラックのヴォーカルを取っているという。マイルスはスラッシュの前回の世界ツアーにもヴォーカルとして同行したが、今度の新作用のツアーでもヴォーカルとして参加する予定で、その間、マイルスのバンドのオルター・ブリッジは前身バンドのクリードとして再結成ツアーを行うという。
その一方で新作リリースと再結成を控えているブラック・サバスはギターのトニー・アイオミのリンパ腺がん治療のためダウンロード・フェスティヴァル以外の再結成ツアーの大半についてはトニー抜きの「オジー・オズボーン・アンド・フレンズ」として行うと仕切り直したと発表していて、ここにスラッシュが参加することも明らかにしている。
また、4月に行われるロックンロール名誉の殿堂入り式典では、オリジナル・ラインナップのガンズ・アンド・ローゼズの顔触れが揃うことも明らかになっているが、このラインナップでパフォーマンスをやるかどうかはまだ確認されていない。スラッシュはソロとしてダウンロード・フェスティヴァルへの出演も予定している。
ソース >> Ro69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。