スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤフオクへ大量出品!

現在 ヤフオクにてレアな在庫アイテム大量出品中です。買い逃していた気になるアイテムを逃さないようにチェック イット アップ!

新サイト仮・始動

http://roppin.jimdo.com
こちらです!スマホからでも簡単な切り替えでPC版での閲覧が可能です。今後ゆるりとこちらへサイトを移行していきたいと思います。
新サイトでは完全なブログ形式の軽いタッチで更新してく風ですから、ガッツリとアイテムをご覧になりたい方には引き続き現行のサイトから閲覧下さいね。
よろしくお願いいたします。

Facebook内に専用ページ開設

この度新たにFacebook内に専用ページを開設いたしました。良かったらこちらのほうもよろしくお願いいたします。更新はこちらのほうがスムーズかも!
https://m.facebook.com/roppinizm.come.on

サイトリニューアル情報

現在 携帯端末での閲覧に特化したサイトがつくれないものかと模索中です。近頃は私自身もPCを触る機会が激減しましたもんね…この記事もiPhoneからの投稿ですし…。お分けしたいアイテムや紹介したいアイテム、まだまだあるんですよ。稼働まで今しばらくこのサイトでお付き合いください。
また、この記事を投稿したことによりショップも閲覧可能になる…はず。

Roppin Shop 公開しました!

いつも閲覧をいただき誠にありがとうございます。しばらく非公開状態に陥っていたショッピング・カートを復旧、公開状態になりました。ロック・グッズの数々をお楽しみ下さい!

#802Rockon メタルびとに認定される!

関西地方のロック好きにはおなじみ、大阪はFM802で毎週土曜深夜0時より放送される伊藤政則氏がDJを務めるラジオ番組「ロックオン」。リクエストのうえオンエアされた者のみが認定される「メタルびと」にいよいよ認定され、その認定証をゲットしました!「メタルびと」はメタルを愛する者の証。一人でも多くのメタルびとを世に出すために日々活動することを約束するもの。そして私はかの "Guns N' Roses" の偉業、素晴らしさを後世まで伝えていく公式な許可を頂いたのです。
「メタルびと」キャンペーンは過去一度実施され現在では募集していなかったのですが、先週、FM802春のキャンペーンと相まってオールリクエストと大会を記念し突如として限定復活。GN'R "Sweet Child O' Mine" をリクエストし、それが紹介されこの度認定に至りました。
これからもどしどし「メタルびと」として活動して参ります!ピース。

「メタルびと」会員証 内容の全貌
メタルびと会員証1

「メタルびと」会員証(表)
メタルびと会員証2

「メタルびと」会員証(裏)
メタルびと会員証3

嗚呼、W.アクセル・ローズ - RnRHOF授賞式拒否るの巻

アクセルとスラッシュの確執未だ解決ならず... アクセルはRnRHOF授賞式を欠席するだけにあらず、何と受賞そのものを事実上の辞退へ-。

GNR_Background_Home_11

昨日、一日中駆け巡ったこの何とも残念なニュース。ソースはもうあちこちに溢れているからリンクは貼りません。もし本当にリユニオンが実現するなら間違いなくこのタイミングと思われた今回の輝かしい栄誉の舞台。アクセルは見事に蹴ってみせた。手記には過去ジョインしてきたイジー、ダフ、そして今回公式的には初出であると思われる2006年、ショーのアフター・パーティにスティーヴンを招待していた事実に触れるもののスラッシュの名前は一切出していない。揶揄に留めていることから想像を絶する程の嫌悪感、溝の深さを改めて露呈した形。今回の受賞式はリユニオン否定派である私もさすがにここでショーを披露するか!?と思ってしまった程のいわば事件でした。せめて授賞式のステージに5人が揃い、握手やハグするくらいのイメージは持っていただけに本当に残念でなりません。もう2度とこのような機会は訪れないでしょう。アクセルが受賞辞退を名言しているだけにこの栄誉も水の泡と化してしまうのか?アクセルのファンへ向けた「Your Victory!」のコメントはどうなるの?授賞式は明日14日、中継もされるとの発表がありましたが、さていかに!!。
ちなみに... アクセルは現メンバーへの配慮を忘れませんでした。その点は大人。そしてもし GN'R を観たいなら「今ツアー廻ってっからそっちで会おう!」とも。長くファンやってますが少々悔いの残る今回の話題でした。ファンを想うならせめて賞だけは受けて欲しかったかな~。
最後に記念として公式フェイスブックに寄せられた長~い W.Axl Rose の手記原文を。

Axl's letter to The Rock And Roll Hall Of Fame, Guns N' Roses Fans and Whom It May Concern.
作成: Guns N' Roses 日時: 2012年4月11日 13:19

To: The Rock And Roll Hall Of Fame, Guns N' Roses Fans and Whom It May Concern,

When the nominations for the Rock And Roll Hall Of Fame were first announced I had mixed emotions but, in an effort to be positive, wanting to make the most of things for the fans and with their enthusiasm, I was honored, excited and hoped that somehow this would be a good thing. Of course I realized as things stood, if Guns N' Roses were to be inducted it'd be somewhat of a complicated or awkward situation.

Since then we've listened to fans, talked with members of the board of the Hall Of Fame, communicated with and read various public comments and jabs from former members of Guns N' Roses, had discussions with the president of the Hall Of Fame, read various press (some legit, some contrived) and read other artists' comments weighing in publicly on Guns and the Hall with their thoughts.

Under the circumstances I feel we've been polite, courteous, and open to an amicable solution in our efforts to work something out. Taking into consideration the history of Guns N' Roses, those who plan to attend along with those the Hall for reasons of their own, have chosen to include in "our" induction (that for the record are decisions I don't agree with, support or feel the Hall has any right to make), and how (albeit no easy task) those involved with the Hall have handled things... no offense meant to anyone but the Hall Of Fame Induction Ceremony doesn't appear to be somewhere I'm actually wanted or respected.

For the record, I would not begrudge anyone from Guns their accomplishments or recognition for such. Neither I or anyone in my camp has made any requests or demands of the Hall Of Fame. It's their show not mine.

That said, I won't be attending The Rock And Roll Hall Of Fame Induction 2012 Ceremony and I respectfully decline my induction as a member of Guns N' Roses to the Rock And Roll Hall Of Fame.

I strongly request that I not be inducted in absentia and please know that no one is authorized nor may anyone be permitted to accept any induction for me or speak on my behalf. Neither former members, label representatives nor the Rock And Roll Hall Of Fame should imply whether directly, indirectly or by omission that I am included in any purported induction of "Guns N' Roses".

This decision is personal. This letter is to help clarify things from my and my camp's perspective. Neither is meant to offend, attack or condemn. Though unfortunately I'm sure there will be those who take offense (God knows how long I'll have to contend with the fallout), I certainly don't intend to disappoint anyone, especially the fans, with this decision. Since the announcement of the nomination we've actively sought out a solution to what, with all things considered, appears to be a no win, at least for me, "damned if I do, damned if I don't" scenario all the way around.

In regard to a reunion of any kind of either the Appetite or Illusion lineups, I've publicly made myself more than clear. Nothing's changed.

The only reason, at this point, under the circumstances, in my opinion whether under the guise of "for the fans" or whatever justification of the moment, for anyone to continue to ask, suggest or demand a reunion are misguided attempts to distract from our efforts with our current lineup of myself, Dizzy Reed, Tommy Stinson, Frank Ferrer, Richard Fortus, Chris Pitman, Ron "Bumblefoot" Thal and DJ Ashba.

Izzy came out with us a few times back in '06 and I invited him to join us at our LA Forum show last year. Steven was at our show at the Hard Rock, later in '06 in Las Vegas, where I invited him to our after-party and was rewarded with his subsequent interviews filled with reunion lies. Lesson learned. Duff joined us in 2010 and again in '11 along with his band, Loaded, opening in Seattle and Vancouver. For me, with the exception of Izzy or Duff joining us on stage if they were so inclined somewhere in the future for a song or two, that's enough.

There's a seemingly endless amount of revisionism and fantasies out there for the sake of self-promotion and business opportunities masking the actual realities. Until every single one of those generating from or originating with the earlier lineups has been brought out in the light, there isn't room to consider a conversation let alone a reunion.

Maybe if it were you it'd be different. Maybe you'd do it for this reason or that. Peace, whatever. I love our band now. We're there for each other when the going get's rough. We love our fans and work to give them every ounce of energy and heart we can.

So let sleeping dogs lie or lying dogs sleep or whatever. Time to move on. People get divorced. Life doesn't owe you your own personal happy ending especially at another's, or in this case several others', expense.

But hey if ya gotta then maybe we can get the "no show, grandstanding, publicity stunt, disrespectful, he doesn't care about the fans" crap out of the way as quickly as we can and let's move on. No one's taking the ball and going home. Don't get it twisted. For more than a decade and a half we've endured the double standards, the greed of this industry and the ever present seemingly limitless supply of wannabes and unscrupulous, irresponsible media types. Not to imply anything in this particular circumstance, but from my perspective in regard to both the Hall and a reunion, the ball's never been in our court.

In closing, regardless of this decision and as hard to believe or as ironic as it may seem, I'd like to sincerely thank the board for their nomination and their votes for Guns' induction. More importantly I'd like to thank the fans for being there over the years, making any success we've had possible and for enjoying and supporting Guns N' Roses music.

I wish the Hall a great show, congratulations to all the other artists being inducted and to our fans we look forward to seeing you on tour!!

Sincerely,
Axl Rose

P.S. RIP Armand, Long Live ABC III

Red Hot Chili Peppers - 最新音源 『2011 LIVE EP』 無料DL配布!

Red Hot Chili Peppers から太っ腹な無料ライブ音源配信のニュースが届きました! 『2011 LIVE EP』。結果からいうと臨場感有り有りの良質なライブ音源。まるでクラブで演奏しているかのようなメンバー間の近さを感じることのできる録音となっています。この無料企画、いつまで公開されるのか分からないだけに早い者勝ちと言っておきましょう!ただし要アカウント取得。最後にDLの方法を記しておきます。

Red Hot Chili Peppers_Live EP 2011_Cover

昨年リリースされた最新アルバム 『I'm With You』 を携えて北米ツアーをスタートさせた Red Hot Chili Peppers。この度、そのツアー記念として昨年11月に開催したヨーロッパツアーでレコーディングされた音源から5曲をセレクトしたライブEP 『2011 LIVE EP』 を特設サイト livechilipeppers.com でフリーダウンロード公開。この作品には、昨年11月14日のマンチェスター公演の「If You Have To Ask」と、同15日に同会場で披露された「Monarchy Of Roses」、同19日のバーミンガム公演での「Look Around」「Dani California」、12月11日ミラノ公演の「Give It Away」の音源を収録。ドラムスの Chad Smith がツアーのなかから厳選したとのことで『I'm With You』の収録曲や 『Blood Sugar Sex Magik』 からも選出されている。
当サイトは昨年ヨーロッパツアーの開催の際にライブ・レコーディングした音源を公演の終了後すぐに配信販売するという企画の為に開設されたもの、1公演あたりMP3形式が$9.95、FLAC形式が$12.95、ALAC形式が$12.95でそれぞれ販売中。なお3月末からスタートしたUSツアーでのライブ音源の販売も今後予定とのこと。

"2011 LIVE EP" Track Details:
01. Look Around (2011,11,19 Birmingham, UK)
02. Dani California (2011,11,19 Birmingham, UK)
03. Monarchy Of Roses (2011,11,15 Manchester, UK)
04. If You Have To Ask (2011,11,14 Manchester, UK)
05. Give It Away (2011,12-,11 Milan, ITA)

下記リンクより "livechilipeppers.com" へ。"DOWNLOAD MP3" をクリック。"Check Out" クリック。そこでアカウント取得のための "Email" "Password" を入力。"Place Order" をクリック。"Download All" クリック。新規ウインドウが立ち上がり "START DOWNLOAD" にてDL開始します。

ダウンロード・リンク >> livechilipeppers.com

Metallica ファン・クラブ・マガジン 『So What!』 30周年記念イベント特集号リリース!

メタリカがファン・クラブ・マガジン『So What!』の30周年記念イベント特集号を一般流通でも販売に。限定7インチ盤付!のニュースが舞い込んできました。これは欲しい?!

Metallica_So What_Photo

メタリカ(Metallica)が自身のファン・クラブ向けに発行しているマガジン『So What!』の特別号を一般流通でも販売すると発表。
特別号は、バンドが2011年12月にサンフランシスコで行った30周年記念イベントの模様を特集したもの。初出のライヴ写真に加え、メンバー全員はもちろん、デイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)やロブ・ハルフォード(Rob Halford)らへのインタビューも掲載。また、このイベントで披露された「So What」「Through The Never」の音源を収めた限定7インチ・シングルも付属される予定です。
発売は海外にて5月14日。128ページのフルー・カラー仕様。

ニュース・ソース >> amass.jp

MelvinsのニューEP 『The Bulls & The Bees』 がフリーダウンロード公開

このE.P、早速私もDLして聴いています!皆様も是非♪意外にハードロックですよ。

Melvins_The Bulls & The Bees_Cover

1983年のバンド結成以来30年近くにわたって一線で活動し続けるロックバンドMelvinsが、トヨタがアメリカで展開するブランドScionの運営サイト『Scion A/V』の企画として5曲入りのニューEP『The Bulls & The Bees』をフリーダウンロード公開しました。
下記リンク掲載のウィジェットからメールアドレスを登録し、返送されてくるメール内のダウンロードリンクからEPのダウンロードが可能です。
EPからはオープニングトラック"The War on Wisdom"のPVも公開中です。

なおMelvinsのフロントマンのBuzz OsborneとDale CroverはMr.bungleの元メンバーであるベーシストTrevor DunnとのトリオMelvins Lite名義でもデビューアルバムとなる『Freak Puke』を6月5日にIpecac Recordingsからリリース予定です。

Melvins - The Bulls & The Bees
Tracklist:
01.The Melvins - The War on Wisdom
02.The Melvins - We Are Doomed
03.The Melvins - Friends Before Larry
04.The Melvins - A Really Long Wait
05.National Hamster

ソース >> private dub
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。